BACK TO INDEX
_CATEGORY
_CLIENT

_PROJECT

TOSOSIN クオーク

  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
  • TOSOSIN クオーク by GUADELOUPE
_DESCRIPTION

1996年に会社を立ち上げ、初めてプロデュースさせていただいたのがトーソーシンCF。

ACC CFフェスティバルで金賞をいただいて話題にもなりしばらくの間、これが僕の名刺代わりになりました。

 

新たな企画でしたが、僕とCDの東海枝さんもそこに参列者として出演しています。

それは、トーソーシンの社長が「君たちがこのブランドを育ててきたんだから参列するに決まってるよね」と

楽しそうに笑いながらおっしゃってくれたからで、クライアントの方からそんな言葉をいただけて

ホント嬉しかったです。

10年以上、緊張感がありながらも僕たちが自由にクリエイティブできたのは、クライアントはもちろん

CDの東海枝さんや、全シリーズでスーパーバイザーとして指揮してくださっている

山本又一朗さんのおかげです。

東海枝さんは、ピラミッドフィルム時代に今井美樹さんを起用したオンワード「組曲」の広告の仕事から

ずっと応援してくださっている大切な方。山本さんは、実は学生時代から大尊敬していた方で、

日本を代表する数少ないハリウッド映画プロデューサーの元祖とも言える方です。

いつもクライアントとダイレクトに交渉して自分たちのクリエイティブをベストに持っていってくださる。

肩書きも人種も国境も乗り越えていく。

その姿は僕が目指すクリエイティブプロデューサー像にもなりました。

山本さんと東海枝さんがいらっしゃったから10年以上も続いてきた仕事です。

グアダループのアイデンティティーはまさにこのクオークのお仕事によって作られ、

育てられたと思っています。

そういう意味においてとても感謝している大切なクライアントです。

 

クオークという企業を10年の中で、TV-CF、ラジオCM、WEBなど、いろいろな方法で伝えてきました。

最近では長尺で表現したいと、WEB上でムービーを公開するスタイルをとっています。

 

クオーク「ついに来たこの日」篇 ACC テレビスポットCM部門金賞

クオーク「聞きまちがい」篇 ACC テレビスポットCM部門金賞

クオーク「みんな知ってる僕のこと」篇 ACC ラジオすぽっとCM部門ACC賞

 

 

 

_STAFF